fc2ブログ

リーガル 10ELDD ウイングチップを購入

 今年は以前からの手持ちの範囲内で靴を楽しんでいたのですが…
年内最後の最後で一足購入。
本年発売のリーガルの10ELDD ウイングチップ。

公式ページでは「職人の技術が宿るブリティッシュオーセンティックシューズが復刻」と謳っていますが、
これは10年ほど前、W10BDJという品番で販売されていたモデルのことかと思います。
当時もネット上での評判が高かったと記憶しています。
私もこのころ「欲しいなあ」と思いつつ眺めているうちに廃盤になってしまったので記憶に残っています(笑)
今回は逃さずにしっかりゲット。まずは購入レビュー。

DSCF1015.jpg
アッパーは山陽レザー。ソールは栃木レザー。どちらもレザーグッズ好きにはおなじみの日本タンナー。
Made in Japanにこだわったモデル。
外羽根、外ハトメ、そしてダブルソールのスタイル。
カラーはブラックとオークの二色展開ですが、私は迷わずオークをチョイス。
フォルムは細すぎず野暮ったくなりすぎずのほどほどの印象です。

DSCF1017.jpg

DSCF1023.jpg
オークカラーは見ての通りやや明るめの色合い。
当然ながらカジュアルファッションに合わせることが前提。
合わせる服の色合いもやや明るめにした方がよさそうです。

DSCF1034.jpg
ライニング。先代モデルのW10BDJではカラーがネイビーだったようです。
私はこちらの10ELのベーシックなカラーの方が好きですね。

DSCF1037.jpg
インソールには栃木レザーのロゴ。
外からは見えない部分ですが、メイドインジャパンを感じるなかなか嬉しいポイント。

DSCF1041.jpg
側面から。穴飾りの穴は全体的に小さめなのでドレッシーな印象。

DSCF1061.jpg
かかと回りは出し抜い糸がぐるりと回りこむ360度グッドイヤー。
これによって重厚さtとカジュアルさが増して見えるように。

DSCF1063.jpg

DSCF1064.jpg
ソールはロゴがあるので分かりますが栃木レザー。
密度が高く耐久性も高いとの事ですが…履くのが楽しみです。
その密度が逆にソールの反り返りの悪さなどにつながってしまわないのか気になるところです。
後日、履き下ろした後には改めてレビュー記事を書いてみたいと思います。
この綺麗なソールも一度履くと擦れてしまうのでしっかりと記録に残しておきましょう。

DSCF1053.jpg

DSCF1073.jpg
改めてアッパーを。
当然使ってみなければわからないですが、
やはり薄い色のアッパーは変化が出やすいでしょうからどんなエイジングを見せてくれるのか楽しみです。

この手のカラー、デザインのブローグに合わせるボトムスと言えばジーンズが定番なんでしょうけど、
私はジーンズは苦手なので笑、明るめのカーキ、もしくはモスグリーンのチノパンに合わせてみようかと。
おそらく悪くないはずです・・・!
とりあえず、さっそく履きおろしてみたいと思います。

なお、私が購入時の価格は2023年12月時点で49,500円。
インフレの昨今にこの靴を4万円代で出してくれたリーガルさんには感謝ですね…

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ