fc2ブログ

革靴・革小物好きな自営男のブログ

革靴好き30代男性です。主にレザーグッズ関連の情報を発信していきます。

オーダー後、3年後に気付いた事実?

3年ほど前にシェットランドフォックスでパターンオーダーしたコチラの靴。
モデル名は「ウィンストン」…と思っていたのですが、「コードバン」のようで。

現在、モデル名「コードバン」として、
アッパー素材にコードバンを使用した商品として販売されている商品。(ややこしいw)
公式ホームページ上の写真と私の下記の手持ち品を見比べてみるとたしかに「コードバン」だわ…
今更ながらに気付きました汗
DSCF1199.jpg

ただ、「ウィンストン」というモデル名で過去、
ほど同型?と思われる商品が過去に販売されていた事もあるようなんですよね…
途中でモデル名が変わったんでしょうか?
そんなの聞けばいいじゃんというような気もしますが、
わざわざ聞くほどのものじゃないしという事でそのまんまです(笑)
DSCF1202.jpg

モデル名がどうかという些末な話は置いておいて。
購入後3年もたてばだいぶんいい具合にエイジングしてきました。
アッパーはリーガルが近年推している素材の一つである手もみ革。
現在ではパターンオーダーでの定番素材になってますね。

手もみ革にも何色かカラーがありますから、
機会を見てこれとは別色でオーダーしてみたいものですが。
DSCF1204.jpg

リーガル 10ELDD履きおろし。購入後1ヶ月経過後の感想など

リーガルのウイングチップ、10ELDDを購入して1か月少々経過しました。
(購入時の記事)
現時点での経過報告など書いてみます。

DSCF1176.jpg

DSCF1181.jpg

良い靴です。中々気に入っております(笑)
購入してから週2回程度は履き、今回茶色の乳化クリームを薄く入れて一度磨いてみました。
さすがに一か月程度経過しただけなので見た目上の目立った変化はありませんが…

この通り、皺の入り方はごく控えめな印象。アッパーの革も磨けばしっかり光ってくれます。
最初にネット上でこの靴の写真を見たとき、アッパーの革は意外にのっぺりして硬めな印象だな?
と思ったものですが実物を手に取ってみるとまるでそんなことはない。
手触りもごく柔らかく、しっかり革の表情はあります。
そして履き初めもそこまで革の硬さは感じませんでした。

サイズ感はきつすぎず、緩すぎずで適度な余裕がある…というリーガルらしいフィット感。

DSCF1172.jpg

DSCF1189.jpg


DSCF1183.jpg

栃木レザーのソールも履き初めから硬さを感じず。
さすがに履きおろしの初回はつま先がゴリゴリ削れますが、数回履いた程度で適度の反りが出てきました。
ただ、これは履きおろし時に室内であらかじめ「むぎゅっ」と思いっきりソールを曲げて
慣らし運転をしてから履き始めたのもあるかと思いますが(笑)
ただ、それを差し引いてもあっという間に馴染んできたという感覚。
かかと回りも意外と小ぶりなのも良し。

DSCF1168.jpg

DSCF1165.jpg
何より私が気に入っているのはこのアッパーのカラー。
薄めの発色がエイジングでどう変化していくのか非常に楽しみです。
恐らくはクリームを入れていくごと、クリームの色と革の色とで陰影が出てきていい具合に変化してくれそうですが…
実に楽しみな靴です。

ユタカーフのエイジングはどんな感じ?(三陽山長)

以前、三陽山長でパターンオーダーしたユタカーフ仕様の外羽根ブローグ。

オーダーした時の記事

1年少々履きこんでみたので記事をアップしてみます。
DSCF1124.jpg

購入直後だった前回記事の状態と比べ、やや色が薄くなってきたような印象。
前回は屋内で撮影、今回は屋外で撮影したのでブログの写真では単純に比較できませんが…

まず使用状況はというと、これまで1年少々での使用頻度は週に1~2回程度着用。
手入れ方法はブラッシングと乾拭きメインで、クリーム等による保湿は数か月に一回程度の頻度。
元よりオイルが多く含まれている革であるため、あまりクリームを入れる必要性が感じられませんでした。

DSCF1121.jpg

DSCF1120.jpg
最初にアッパー。入った皺はこんな具合です。
革の柔らかさもあってかごくふんわりとした(?)印象の皺。
クリームを入れるのはごくたまにですが毎回のブラッシングと乾拭きは欠かさず行った結果、
底光りするような革のツヤが出るようになってきました。
靴ひもは最初に付属していた平紐から丸紐に変更。

DSCF1130.jpg

DSCF1128.jpg
つま先をよく見て頂けるとわかるのですが、やや色むらのようなものがあります。
これは恐らくですが、履きおろして日が浅いころに雨に濡れた事が原因かと。

以前はもう少し目立つ色むらだったのですが、
クリームを何度か入れてアッパーの色抜けなども重なって徐々に目立たなくなってきました。
この程度になってきたら、「味」で済ませられます(笑)

DSCF1136.jpg
とりあえず履きこんで1年少々、なかなかいい具合のエイジングで満足しています。
ユタカーフのエイジングってどうよ?と思う方は何かの参考になればと。

リーガル 10ELDD ウイングチップを購入

 今年は以前からの手持ちの範囲内で靴を楽しんでいたのですが…
年内最後の最後で一足購入。
本年発売のリーガルの10ELDD ウイングチップ。

公式ページでは「職人の技術が宿るブリティッシュオーセンティックシューズが復刻」と謳っていますが、
これは10年ほど前、W10BDJという品番で販売されていたモデルのことかと思います。
当時もネット上での評判が高かったと記憶しています。
私もこのころ「欲しいなあ」と思いつつ眺めているうちに廃盤になってしまったので記憶に残っています(笑)
今回は逃さずにしっかりゲット。まずは購入レビュー。

DSCF1015.jpg
アッパーは山陽レザー。ソールは栃木レザー。どちらもレザーグッズ好きにはおなじみの日本タンナー。
Made in Japanにこだわったモデル。
外羽根、外ハトメ、そしてダブルソールのスタイル。
カラーはブラックとオークの二色展開ですが、私は迷わずオークをチョイス。
フォルムは細すぎず野暮ったくなりすぎずのほどほどの印象です。

DSCF1017.jpg

DSCF1023.jpg
オークカラーは見ての通りやや明るめの色合い。
当然ながらカジュアルファッションに合わせることが前提。
合わせる服の色合いもやや明るめにした方がよさそうです。

DSCF1034.jpg
ライニング。先代モデルのW10BDJではカラーがネイビーだったようです。
私はこちらの10ELのベーシックなカラーの方が好きですね。

DSCF1037.jpg
インソールには栃木レザーのロゴ。
外からは見えない部分ですが、メイドインジャパンを感じるなかなか嬉しいポイント。

DSCF1041.jpg
側面から。穴飾りの穴は全体的に小さめなのでドレッシーな印象。

DSCF1061.jpg
かかと回りは出し抜い糸がぐるりと回りこむ360度グッドイヤー。
これによって重厚さtとカジュアルさが増して見えるように。

DSCF1063.jpg

DSCF1064.jpg
ソールはロゴがあるので分かりますが栃木レザー。
密度が高く耐久性も高いとの事ですが…履くのが楽しみです。
その密度が逆にソールの反り返りの悪さなどにつながってしまわないのか気になるところです。
後日、履き下ろした後には改めてレビュー記事を書いてみたいと思います。
この綺麗なソールも一度履くと擦れてしまうのでしっかりと記録に残しておきましょう。

DSCF1053.jpg

DSCF1073.jpg
改めてアッパーを。
当然使ってみなければわからないですが、
やはり薄い色のアッパーは変化が出やすいでしょうからどんなエイジングを見せてくれるのか楽しみです。

この手のカラー、デザインのブローグに合わせるボトムスと言えばジーンズが定番なんでしょうけど、
私はジーンズは苦手なので笑、明るめのカーキ、もしくはモスグリーンのチノパンに合わせてみようかと。
おそらく悪くないはずです・・・!
とりあえず、さっそく履きおろしてみたいと思います。

なお、私が購入時の価格は2023年12月時点で49,500円。
インフレの昨今にこの靴を4万円代で出してくれたリーガルさんには感謝ですね…

M.モゥブレィ グローブクロスを購入。使用感など

M.モゥブレィのグローブクロスを購入してみました。
こちらは主にシューケア時の仕上げ、乾拭き用途の商品。
購入して半年ほど使用し、使用感など綴っていこうかと思います。

DSCF1004.jpg

まず表面。
そこそこ使い込んだので汚れていますが笑・・・
表面の起毛部はかなり柔らかくきめ細かい印象。
素材はポリエステル。
艶出しにはもってこいかと。

DSCF1008.jpg

続いて裏面。装着するとこんな感じです。
成人男性の手の甲をすっぽり覆う程度の装着感なので、
ゴシゴシ磨いている最中にすっぽ抜けたりする心配はないでしょう。
なお、現在はカラーは二色展開でブラックとブラウンがあるようです。
私の使用しているのはブラウン。

DSCF0995.jpg
試しに一足、M.モゥブレィ グローブクロスで乾拭きしてみました。
ポリエステル素材なので磨いている最中も滑りが良いです。
そして見ての通り、乾拭きしたらビカビカに光ってくれます。
当然ながら靴の素材によって差はありますが…

こちらのグローブクロスはネット上の通販価格は大体600円代~と、何度も使える商品であると考えるとごく安価。
仕上がり具合も上々。
個人的には満足な商品なのですが、一点だけ気になった点が…

何かというと、ブローグシューズなどで革のピンキングのギザギザ部を磨くと
表面部の細かい起毛部が引っ掛かり、毛羽だって毛玉のようになりごく微量づつながら剝がれていっちゃうんですよね…
プレーントゥのようなつるんとした表面の靴なら仕上げ効果は抜群なのですが。

ピンキング部を磨くときはやや力を弱めながら磨くなど少し工夫が要りそうです。
ただ、総評としてはグッド。コストパフォーマンスの良い商品かと思います。





久々…Tricker'sのBOURTONを磨いた。いい具合にエイジング中

Tricker'sのBOURTONを磨いてみました。
ブログに写真を載せるのも久々な気が笑

いつぶりにブログ記事を書いたのか、と思ったら実に三年ぶり。
Tricker'sのBOURTONを購入…しておりました

どうなったのかといえば中々いい具合にエイジングしてきました。

DSCF0507.jpg

DSCF0502.jpg
何度も雨に降られ、完全水没したことも多々ですが…
アッパーは比較的良好な状態。

DSCF0492.jpg
クリームはアッパーよりやや濃い目のカラーを使っているので、
クリームによる濃淡のようなものがみられるように。
使っているクリームはM.モゥブレィ・シュークリーム。
カラーはロンドンタン。このカラーはやや赤みがかったブラウン、という色味のクリーム。
茶靴系なら割とどんなカラーにでも対応できるような万能クリームじゃないかと思っていますw


DSCF0495.jpg
何だかんだで気に入ってちょくちょく履いてるのですが、最近は気になる点が…
ソールはダイナイトソールなのですが、ダイナイトの凹凸がすり減り、
ソールの縫い目が地面に接地しやすくなった為か?
雨の日はその縫い目から侵入したであろう雨水で割とすぐに靴内が浸水する事態に(´・_・`)

ソールの山が高めのリッジウェイソールにでもオールソールしてみるか?と思案中です。
ここまで育ってきた靴なので手放すのももったいない…
少しでも長く履きたいものです。

DSCF0512.jpg





REGALの手もみ革、エイジング具合はどうか?

久々のブログ更新です。
私自身の革靴熱も若干落ち着き、あれもこれも買いたい状態から
今ある靴をある程度頻度高く履くという状態に移行した感じです。

ただこれも新たに魅力的な靴が登場したら、
また革靴買いたい状態に移行してしまう気もしますが(笑)

特に新しい靴を買ったという話ではなく、
今回は以前シェットランドフォックスでパターンオーダーした靴のエイジング具合を記録しておこうかと思います。
今回は私のブログでは珍しく屋外で写真を撮ってみました。

DSCF0226.jpg

DSCF0199.jpg

DSCF0207.jpg
主にリーガルブランドのパターンオーダーでアッパーの素材として選択できる手もみ革。
レギュラー品で採用されている商品はほぼ無いようですが…


DSCF0215.jpg
この通り、非常に細かいシボ模様、柔らかな皺でなかなかに魅力的な素材です。
購入して1年半ほど?経ちますが色が当初よりやや色抜けしていい感じに風合いが出てきました。
私の写真撮影が下手くそでなかなか良さを伝えられないのですが…

それはそうとリーガルさん、コーポレートサイトをリニューアルされたようですが、
過去の情報はごっそり削除されてしまったようですね…(;^_^A
過去のモデルやサービス、素材などありとあらゆる情報が見られなくなり唖然としてしまいました…

おかげでネット検索かけてもリーガル商品関連の情報が全く出てこなくなり情報収集しづらくなってしまいました。
ちょっと残念ですよね。

シェットランドフォックスのハンプトン 近況

今年の前半にパターンオーダーで購入したシェットランドフォックスのハンプトン。
そこそこ足になじんできたので現状の記録も兼ねてブログ記事を。

DSCF0085_convert_20221219160055.jpg
正直まだ1年も経っていないのでエイジングというほど大きな変化は無く…
履き込むにしたがって足なじみが良くなりコバに小傷が増えてきたという程度ですね。

DSCF0071_convert_20221219160122.jpg
全体的なフォルムはややぽってりとしてカジュアルな印象。
ドレッシーでスマートなモデルが多いシェットランドフォックスの中ではやや異色。
こうしてみるとグレインレザーと実に相性がいいモデルですね。
私個人としてはカジュアル感の強めな革靴のほうが好きです笑

DSCF0088_convert_20221219160040.jpg
鳩目も外鳩目なのでカジュアルさを更に引き立てています。
グレインレザー+外鳩目は個人的に大好きです^^

DSCF0062_convert_20221219160138.jpg
アッパーもこの先エイジングによってどう変化していくのか?
なかなか楽しみです。

DSCF0096_convert_20221219160024.jpg
ということで近況報告でした。