fc2ブログ

革靴・革小物好きサラリーマンのブログ

30代男性サラリーマン。 いつの間にやら革靴や革小物の魅力に取りつかれていました。 革靴の他にも色々と趣味の話題も。

コードバンにタピールレーダーオイル使ってみた

先日購入したタピールレーダーオイル。
色々な靴に試しています。

メイカーズのコードバンVチップをそろそろ手入れするかあ…
という時期に来たのでタピールレーダーオイルを使用してみました。

ケア方法は特に変わったすることをするわけではなく。
まずはブラッシングで埃を落とし、
その後タピールレーダーオイルを布に少量取りつつ全体に伸ばし、
ある程度オイルが浸透するのを待った後に念入りな乾拭きとブラッシングを。
完成したのがこんな感じ。
DSCF9722_convert_20220121104209.jpg

革に潤いが与えられたようで全体的にしっとりした感があります。
革の汚れ落とし&栄養補給という位置づけの商品ですが、
もうこれだけで十分じゃないのかというぐらい艶も出ておりますw
DSCF9720_convert_20220121104151.jpg

個人的にはコードバンもこれぐらいマットな感じの質感が好みです。
いやビカビカに輝かせる技術が無いだけなんですが…
DSCF9723_convert_20220121104221.jpg

ネットを見るとタピールレーダーオイルはコードバンに使用しても
何の問題もないと分かってはいたのですが、使ったことが無いのでどうなるかよくわからなかったのも事実。

今回の使用で想像以上にいい仕上がりになったため今後はコードバンにも
躊躇なくレーダーオイルを使用していきたいと思いましたね。いや最高だ。
DSCF9724_convert_20220121104233.jpg




SHETLANDFOXのハンプトン 購入後二ヵ月経過

SHETLANDFOXのパターンオーダーでハンプトンを購入。
今年の10月に商品を受け取り、早二か月余り。
現状をブログにアップしてみます。

DSCF9645_convert_20211220094419.jpg


DSCF9643_convert_20211220094401.jpg
この靴はかなり気に入っており、週1~2回は履いています。
しかも遠出するときに履くときが多く、一回当たりの歩数も多い。
しかしそれでも歩いている最中に疲れが出るという事もなく、
かな~り履き心地のいい靴です。

多いときはこの靴で一日2万歩ぐらい歩いたんですが、
どこかが当たって痛いとかそういった不具合は一切無く。

木型が良いんでしょうな。
流石日本人の足を良く知っているリーガルだぜ!と感心…

DSCF9669_convert_20211220094451.jpg
購入して二ヵ月なので流石に革に目立った変化は無く。
入った皺はカッチリとしたものではなく、どちらかと言えば柔らかな表情。

DSCF9650_convert_20211220094433.jpg
気に入ってついうっかり何度も履いてしまいそうなので、
なるべく適切に履く間隔をあけて長く楽しみたい、そんな感じです。

Tricker'sのDANIEL 近況

今年の4月ごろに購入したTricker'sのDANIEL。

購入時の記事:Tricker'sのDANIELを購入

久々なので近況を。
DSCF9697_convert_20211215103842.jpg

DSCF9690_convert_20211215103824.jpg

DSCF9698_convert_20211215103853.jpg

少々色が薄くなり艶感が増してきた?
エイジングというほどの変化は今のところ感じられませんがそんな感じです。
アッパーの皺はかなり上品なw感じであまり目立ちません。これは少し驚きました。

シューツリーを抜いてみました。
DSCF9699_convert_20211215103908.jpg

DSCF9704_convert_20211215103918.jpg
やっぱり皺が綺麗…アッパーの質感はかなり気に入っています。
トップリフトを二回交換する程度には履いているんですが、
今のところアッパー全体は綺麗な状態を保っています。

最近ソールにハーフラバーを装着しました。
これからも折を見て登板させていきたいお気に入りの一足です。

タピールレーダーオイルを買ってみました

革靴好きなら知っている人も多いであろうシューケアグッズ、タピールレーダーオイル。
私は今まで購入したことがありませんでした。
買おうとしたタイミングでどこも売り切れだったり…
今回ようやく買いたいと思ったタイミングで在庫があるショップもあったので購入してみた次第です。

DSCF9617_convert_20211211113902.jpg

DSCF9618_convert_20211211113919.jpg

DSCF9619_convert_20211211113932.jpg

素材は天然のオイル成分が主体みたいですね…
製品の蓋を開けた瞬間はふわりと柑橘系のいい香りが。
革製品の汚れを落としつつ油分補給してくれるという、
私のようなものぐさにはピッタリの商品。早速使ってみます。

DSCF9623_convert_20211211113947.jpg
靴に塗ってみました。写真ではよく分かりませんがw
オイル系のクリーナーなので皮革にじわじわと浸透していく感じです。
布に少量取って少しずつ塗り広げていくのが良さそう。塗りすぎ注意。

DSCF9626_convert_20211211114006.jpg
こちらは片足分に一通り塗り終わった後の布。
意外に汚れ…というか古いクリームがしっかり落ちる印象。

一通り汚れ落としが終わった後は、表面の余分なオイルをふき取り、
しばらく置いてオイルの浸透を待ち、最後に乾拭きして手入れ完了しました。
最後の仕上げは半日~1日程度は置いてからのほうが良さそうですね。
手入れ終了後は革の手触りがかなりしっとりします。

革に優しい天然素材の汚れ落とし&保湿ケア用品という事で、
どちらかというと柔肌のビンテージシューズ群に使用していきたいなと笑
お安くはない製品ですが、それだけの価値はあるなと感じました。



メイカーズのVチップコードバン ダークコニャック 近況

メイカーズのVチップコードバン、こちらはダークコニャックカラー。
購入して一年半程度?かと。
あまり気負わずに履いたり手入れしたりしています。
ちょっと手入れをしてみたのでついでにブログ記事にしてみた次第です。

軽く汚れを落としたのち、
マスタングペーストを塗りこんでブラッシングと乾拭きという
いたってシンプルな手法。

DSCF9604_convert_20211126100116.jpg


DSCF9608_convert_20211126100141.jpg
手入れ方法がいまいちなのか、やっぱり少々コードバンがけば立っている感がありますねw
まあ私としてはこれはこれで好きです。
上手く光っている部分といまいちけば立っている部分でコントラストが出ているところなんかが。

DSCF9613_convert_20211126100224.jpg
今後もラフな感じに履き込んでいこうかなあと思う次第。

SLOWのハンティングショルダーバッグ

SLOWのハンティングショルダーバッグ、「bono」です。
SLOWは株式会社井野屋の展開するレザー製品メインのファッションブランド。
「自分たちが持ちたくなるモノを作る」をコンセプトに
高い技術を持つ日本の職人が作る日本製を売りにしている…といったところでしょうか。
流行りすたりに左右されない長年愛用できるアイテムを作っているブランドというイメージ。

私もその素敵なブランドコンセプトに惹かれいくつか商品を購入したクチです。
そのうちの一つはこちらのbonoという名のハンティングショルダーバッグ。
二年少々前に購入したものです。
現在でもこのモデルは販売されており(細部の使用は変わっているようですが)
人気のあるモデルなんでしょうね。
DSCF9535_convert_20211107115039.jpg
格好のブログネタとなる品物なのですが、
どういうわけかブログに掲載せずにずっと使い続けておりました(-_-;)
日常生活で時間的余裕が出てきた今がちょうどいい機会なので記事にした次第です。
革は赤タグで有名な栃木レザーのフルベジタブルタンニングレザー!

手入れはブラッシングとごくたまにマスタングペーストを塗りこんでいる程度ですが
かなりいい感じにエイジングしています。
使用頻度は高く、多いときは週4~5回は外出時のお供となっております。

DSCF9539_convert_20211107115049.jpg
細部の作りもしっかりしており、
高頻度で2年以上使い込んでも痛みは少ない印象。
結構雨や雪に降られたりもしたんですが。

DSCF9543_convert_20211107115101.jpg
惜しむらくは購入直後の写真を撮っていなかった点。
良い感じにエイジングが進んでいるのは間違いないのですが、
購入直後からどう変化したか比較できないのがちょっと残念笑
とはいえ使いがいのある商品であることは間違いないので、
今後もガンガン楽しみながら使っていきたい鞄です。

SHETLANDFOXのパターンオーダーに挑戦

久々に靴を購入。
今回はシェットランドフォックスのパターンオーダーに挑戦してみました。
以前からオーダーしようかと考えていたものの、
予算やタイミングが合わず…この度ようやくオーダーした次第です。

DSCF9437_convert_20211012130058.jpg
オーダーしたモデルはハンプトン。
細身のモデルが多いシェットランドフォックスですが、
こちらは適度にラウンドしたゆったり目のフォルム。
カジュアル用途に使いたいためこのモデルを選択。

そして私のお目当ては…コレ。
アッパーの国産手もみ革。
職人さんが手作業で四方から揉みを入れてこのシボ感を作り出しているらしいです。
数年前からコレを使用した靴をオーダーしたかったんですがようやく実現しました。
カラーはブラウンだったかな?赤みが強めです。
DSCF9420_convert_20211012130012.jpg

オーダー時に革のサンプルを見た段階で「いいな!」と思ったものですが、
靴になって出来上がったものを見るとさらに「すごくいいな!」と感動(笑)
この細かいシボ感が大いに気に入りました。
あるようで中々無いですよね、こういう革。
DSCF9436_convert_20211012130046.jpg

踵周りにも飾り穴が付いています。
DSCF9439_convert_20211012130113.jpg

正直、欧州靴に負けていない存在感かなと。
早速履き下ろしたんですが、履き心地はとても良く。
つま先は適度に余裕があり、ヒールカップは小さめで踵をしっかりホールドしてくれます。
この辺は流石に日本人の足を良く知っているリーガル…といったところでしょうか。
足なじみも良いです。

やっぱりリーガル、クオリティ高いし良いよなあ…と思います。
リーガルは私が革靴にハマり始めた初期からいろいろ履いているメーカーさんなので、
色々思い入れがあります。
昨今はコロナ渦による生活スタイルの変化、
靴の需要減退に苦戦しているようですが…
好きなメーカーなので少しでも買って応援!となればな、と思います。

というかこの手もみ革が非常に気に入ったので、
色とモデルを変えてもう一足欲しいなと早速思っている次第です(笑)
DSCF9422_convert_20211012130029.jpg

60sFlorsheim kenmoor 磨いてみた

フローシャイムのケンムールを磨いてみました。
60年代ものでサイズ7.5D。
今となっては希少種…

DSCF9353_convert_20210927215634.jpg


DSCF9356_convert_20210927215645.jpg
最近はシボ革にハマっていまして、
このケンムールもじわじわ登板回数が増えています。
老体なのでそう酷使はできないのですが…
このケンムールのアッパーのような自然(?)なシボ感を持つ革を使った靴を国内外モノ問わず
現行もので探しているんですが、本当に見つからない。

今のところ目についたのが、
エドワードグリーンのユタカーフを使用したモデルぐらい…
うーん…と悩み中。

話は変わり、ここ最近思うんですがビンテージシューズブームも一時期よりかは
大分落ち着いてきた感がありますね~
オークションでの価格や出回る量を見るに。

更に状態のいい品がホントに出てこなくなりましたね…
特にデッドストックとか。
本当に資源が枯渇してきたんでしょうな(-_-;)
本当に好きな人はすでに手元にある程度確保しているんでしょうが(笑)

「ビン靴」という一定のジャンルとしては確立されつつその市場規模はごく限定的。
今後はネット上でコレクターの放出品がコレクター間で細々と売買されるような、
状態に落ち着くのかな?と思ったりしています。

とりあえずは自分の手元にある靴は大事に履いていかんとな~と考えています。