FC2ブログ

革靴・革小物好きサラリーマンのブログ

30代男性サラリーマン。 いつの間にやら革靴や革小物の魅力に取りつかれていました。 革靴の他にも色々と趣味の話題も。

メイカーズのコードバンVチップを丸洗い

メイカーズのコードバンVチップを丸洗いしてみました。
この靴を購入して約5年目にして初の丸洗い。

本当はもっと早くにすればよかったんでしょうけど、
この靴、素材がコードバン。

丸洗い失敗したら嫌だなあとか、
全体的に艶が無くなって曇っちゃうと嫌だなあとかうだうだ考えながら月日が経過しておりました。
流石にそろそろ洗ったほうがいいだろうと思い立ち、ようやく実行した次第です。

私の革靴洗いの手順は下記。
あくまでも我流なので真似するときは自己責任でお願いしますね(笑)
  1. 靴ひもを外し、全体のほこりをブラッシングで落としたのちに40℃前後のぬるま湯に約30分漬け置き。
  2. 靴を取り出し、おしゃれ着用洗剤のエマールで優しく洗う。
  3. 靴に残った洗剤を洗い流したのち、水に再び約30分ほど漬け置き。
  4. 水の中でよくすすいだのち靴を取り出し、全体の水分をよくふき取り靴の中に水分取りのためキッチンペーパーを詰め、日陰干し(約半日)
  5. アッパーが乾ききる前に一旦デリケートクリームを塗りこみ、再び完全に乾ききるまで日陰干し。
  6. 乳化クリームをしっかり塗りこみ、完成。

熱々の熱湯に革靴を放り込むと、
接着剤で接着されている部分が剥がれたりという報告をネット上でも散見するため私は40℃ほどのぬるま湯にしています。
また、丸洗い後のアッパーは油分が抜けきっているため、
そのままの状態で完全に乾ききってしまうとひび割れそうな気がするので私は完全に乾ききる前に
一度デリケートクリームを入れるようにしています。
とりあえずこの方法だと今まで大きな失敗はしていないのでこれでいいかなあという感じ。
エマールはどうなんだという気もしますが(笑)、過去エマールで洗ってきた革靴たちもいまだに元気なので
多分大丈夫なんだと思います。

で、完成した画像がこちら。
いつものうっかりで丸洗い前の写真を撮り忘れたため、丸洗い後の写真のみとなります。

DSCF8238_convert_20200810161417.jpg

DSCF8245_convert_20200810161304.jpg

DSCF8246_convert_20200810161230.jpg

DSCF8243_convert_20200810161329.jpg

DSCF8252_convert_20200810161154.jpg

まあ、一応は見られる程度の仕上がりですね。。。失敗しなくてよかった。
ちなみに今回の丸洗いは晴天に恵まれ1.5日程度ですべての工程が完了しました。
やはり夏は革靴が乾くのも早いです。

スポンサーリンク

メイカーズのVチップコードバン ダークコニャックを購入

メイカーズのVチップコードバンを購入・・・!(`・ω・´)
メイカーズのVチップは二足目です(汗
実際に買ったのはこの記事を書いた数か月前なんですが・・・
それにしても、どんだけ靴買うんだ笑

しかしこの靴のフォルム、
シェルコードバンの艶を見ていると靴買いすぎの罪悪感も吹き飛ぶというモノ。

DSCF7805_convert_20200712225040.jpg
あるようであまりない、7アイレットのVチップ。
ドレッシー過ぎず、かといってワーク過ぎず。
ドレスとワークのちょうど中間ぐらいのフォルム感なのでファッションにも取り込みやすいです。

アッパーはメイカーズでの定番の素材となったホーウィンシェルコードバン。
カラーはダークコニャック。

DSCF7818_convert_20200712225232.jpg
コバの目付が嬉しい。

DSCF7809_convert_20200712225517.jpg
メイカーズのロゴ。
ライニングはファブリック。

DSCF7807_convert_20200712225412.jpg
コードバンなので価格は当然ながら10万円越えなんですが、
そこは気にせずガシガシ履いてエイジングを楽しみたいところ。

ダークコニャックカラーは色が濃い目なので、
ここは色付きクリームは使わずに無色のクリームを使って手入れをしつつ、
色ぬけを楽しむのもいいかも・・・と色々考えています。

スポンサーリンク

MakersのPLANE SHOES 購入して三年と八ヵ月

MakersのPLANE SHOES(#4コードバン)を購入

この記事を書いたのが、三年と八ヵ月ほど前。
その後、この靴はどうなったかというと…

DSCF8047_convert_20200315150401.jpg


DSCF8029_convert_20200315150608.jpg


DSCF8037_convert_20200315150551.jpg


DSCF8039_convert_20200315150522.jpg

No4コードバン、イイ感じに育っております♪
新品に比べ皺の部分は色が濃くなり、反面つま先などはやや色ぬけしてきているようで色の濃淡が出てきました。
この色の濃淡のおかげで革の表情に立体感が出てきたような気がします。
まだまだ表情の変化が楽しめそうなこの靴。
末永く履いていきたいものです。

スポンサーリンク

MakersのREGINAを手入れ

去年の春過ぎに購入した、Makersのプレーントゥ。
モデル名はREGINA。
かなり登板回数が多く、ガンガン履いています。
ついついブラッシングのみで済ませていましたが、
久々にクリームを入れてフルメンテしました。

DSCF8004_convert_20200315141556.jpg
アッパーはベビーカーフ。
手触りは非常に柔らか。履き心地も軽いです。スニーカー感覚。
履き心地の軽快さは本物のスニーカーには当然劣るわけですがw

DSCF8007_convert_20200315141647.jpg
インソールにもうっすらデリケートクリームを塗っておきました。
綺麗な飴色にエイジングしてくれたらいいんですけど。

DSCF8010_convert_20200315141710.jpg
コバ周り。
ガンガン履いて足先をぶつけてしまうことが多いのでへこみや小傷が多いです。

手入れを済ますと靴がまた生き生きとしてきた気がします。
これでまた履ける…と思いつつ下駄箱にそっと収納しました。

スポンサーリンク

MakersのREGINA購入

今年購入した靴…ブログには書いていなかったんですが、
春ごろに購入しましたw
私の大好きな日本の革靴ブランド…Makers。
REGINAと名付けられたプレーントゥモデルです。

DSCF7573_convert_20191108110652.jpg
すでにメイカーズの靴はコードバンラインを中心に複数所持しており、
もう良いかあ…と思っていたところこのREGINAを目にしてしまい…

「自分が持っているメイカーズは全部コードバン…
一方これはカーフモデルで多少の雨でも平気。
デザインもシンプルなプレーントゥだし履く機会も結構あるな…」

などとモヤモヤと買うための言い訳を自分の中で作り、購入した次第です(・_・;)
革靴好きあるある…

DSCF7551_convert_20191108110932.jpg
アッパーはベビーカーフ。
イタリアのインカス社(聞いたことないが)の製品。
手触りが抜群に良い、表面はきめ細かくブラッシングで良く光ります。
そして柔らかい…

DSCF7574_convert_20191108110800.jpg
ソールはメイカーズではお馴染みのメキシコ産オイルベンズ。


DSCF7559_convert_20191108110745.jpg
小窓のロゴがちょっと嬉しい。

DSCF7558_convert_20191108110730.jpg
靴内部はヘリンボーン生地になってます。
この生地が緑色でちょっとおしゃれ。
ソックシートの茶色と良くマッチしています。
靴の持ち主ぐらいしか見ないでしょうけどね。

DSCF7576_convert_20191108110813.jpg
個人的なお気に入りポイント。
なんといっても6アイレットなところ!
6アイレットのプレーントゥってあるようであまり無いですよね~

この靴は大切に手入れしながら…ガシガシ履いていきたいと思います!

スポンサーリンク

C&L TRASCOの栃木レザーを使用したブックカバー

レザーブックカバーを購入してみました。
C&L TRASCOという国内ブランド。
「日本職人仕上げ」と銘打っているように国内生産にこだわっているブランドみたいです。
私は初めての購入。
Amazonで購入してみました。

DSCF7443_convert_20190817092811.jpg
外箱はこんな感じ。
無地にブランドロゴのみのシンプルな箱。

DSCF7444_convert_20190817092838.jpg
開けてみました。

DSCF7445_convert_20190817092940.jpg
素材は栃木レザーのヌメ革。
カラーバリュエーションは豊富で5~6種類あり、悩みましたがキャメルを選んでみました。
新品状態での見た目はマットな感じ。
ここから使い込んでどう変化していくのか楽しみです。

DSCF7450_convert_20190817093022.jpg
もちろん栃木レザーの「赤タグ」付き!
一番下に挟まっている革ひもを通されている四角いレザーはブックマークです。
これはどう結べばいいのか迷いましたが、
ブランド運営元企業のホームページに結び方が載っていました(笑)

ブックマークの結び方(トレードスコープ㈱ ホームページ)

素敵なブックカバーを買ったので読書が捗りそうです。


スポンサーリンク

旅のお供はシャンボードが最適!

三連休を利用してちょっとした旅行に出ています。
履いてきた革靴は…パラブーツのシャンボード!

タフなラバーソールは歩き回るには最適です…
レザーソールと違って水は染み込みずらいですからね!
砂利道など不整地も安心!

歩き回るなら革靴じゃなくてスニーカーにすれば…
というツッコミは無しで。

ちなみに歩いた距離を手元の万歩計で確認すると、
二日間累計で約24km…流石に足が痛い(´・ω・`)

DSCF7276_convert_20190113205551.jpg
二日間歩き倒したおかげで、
アッパーにも大分擦り傷などが…
帰ったら手入れしてやりたいと思います。

DSCF7269_convert_20190113205530.jpg

旅の思い出と言えば、
どこに行って何を見た、何を食べた…というモノが基本ですが、
私のような革靴好きとなれば「どの靴を相棒として履いていったか」が思い出に加わりますw

24km私を支えてくれてありがとう…
そんな感じで楽しい旅行が出来ました。

スポンサーリンク

アルフレッドサージェントのプレーントゥを手入れ

アルフレッドサージェントのプレーントゥを手入れしてみました。
デッドストック状態で購入し、半年少々経過。

購入した時の記事:アルフレッドサージェントのプレーントゥを購入

日常の手入れはブラッシングメインで、
たまにマスタングペーストを塗り、
ガシガシブラッシングしたのち念入りに空拭き…
というめっちゃラフなやり方ですw

…そんな感じのラフな感じの手入れをしつつ、
半年経ってこんなところです。

20190105214044.jpg

DSCF7215_convert_20190105213404.jpg
アッパーの皺はあまり目立たず、自然な具合。
ソールは履き下ろした瞬間から馴染んでいるような感じ。
シングルソール、それもかなり薄めのソールなので。

履きならす時期がほぼ不要だったわけですが、
その代わり?地面の衝撃がダイレクトにごつごつ響くのは致し方なしでしょうかw
と言っても街歩き用としては問題なし。
今後もちょくちょく履いて手入れして…を繰り返して楽しんでいきたい一足です…

スポンサーリンク