FC2ブログ

革靴・革小物好きサラリーマンのブログ

30代男性サラリーマン。 いつの間にやら革靴や革小物の魅力に取りつかれていました。 革靴の他にも色々と趣味の話題も。

カビ防止の革靴保管に薄葉紙を活用

気温も湿度も高い夏場は革靴好きにとってはしんどい季節。
革靴を履くにも、そして保管するにも…

履くことに関してはもう慣れたものですが(笑)、
保管に関しては私もまだまだ試行錯誤中。
どうすればカビを生やさず革靴を保管しておけるか…
日々頭を悩ませています。
最近活用しているのは薄葉紙。

新品の革靴なんかを買うとサラサラしている薄い紙に包まれていますよね。あれの事です。
最近まで「アレ」の名前が分からずネットで調べてまわっていましたw
ネットでも普通に売ってます。

やることは至ってシンプルで、履く頻度の少ない靴は汚れを取ってから薄葉紙に包み、
靴箱に入れておくという保管方法。
新品靴の保管方法と同じという事ですねw

DSCF9195_convert_20210731142909.jpg

DSCF9193_convert_20210731142951.jpg

DSCF9192_convert_20210731143016.jpg

新品で買った靴は元箱とくるまれている薄葉紙をそのまま使えば良いわけですが、
中古で購入した靴はそうはいかないのでネットで新たに薄葉紙を手に入れる必要があります。
まあそこまで高いものではないし、
そこをケチってお気に入りの靴にカビを生やして泣くのも嫌なので使用しているわけです。

ちなみに薄葉紙+箱保管している靴は今のところカビ発生はゼロ。
箱に入れているのでカビのもとになる埃はガードできますし、
薄葉紙が多少の吸湿効果を発揮して?
これまたカビの原因、湿気を緩和してくれているのかな?と思っていますw
これからも薄葉紙には世話になりそうです…

スポンサーリンク

Tricker'sのDANIELを購入

購入、というより購入していたというのが正しいのですが…
オークションでふと見かけてマイサイズだったので即決で購入。
Tricker'sでモデル名はDANIEL。

DSCF8560_convert_20210429150024.jpg


Tricker'sのプレーントゥで定番モデルといえば他にWOODSTOCKなんかがありますが、
それとはまたデザインが少々違いますね。

DSCF8561_convert_20210429150047.jpg
購入前は全く気にしていなかった、というか気が付かなかったんですが
えらくアッパーの革質が良い。非常にきめ細やかな手触り。
履き下ろした後の皺の入り方もくしゃっとならずに柔らかな皺が入っていたので、
ベビーカーフとかなのかもしれないですね。知らんけど。
ハードにガシガシ履こうかと思ってたんですが、
繊細そうなアッパーなので取り扱いに少し注意したほうが良さそうw

DSCF8563_convert_20210429150109.jpg
トリッカーズの製造年代判定にはライニングに表記されている6桁の数字を見るのが基本。
これは81万番台なので・・・現行の95万番に比べると少し年代が古いモデル。
80万番台は90年代初頭あたりみたいですね。ネットで調べた限りは。

DSCF8564_convert_20210429150132.jpg
ソックシートには「StJamesCOLLECTION」の文字。
現行では生産されていないコレクションみたいですね~
トリッカーズの中ではどういう位置付けのコレクションシリーズだったのか気になりますが…

DSCF8568_convert_20210429150201.jpg
アッパーの革は光にあててみると分かりますが、
ムラ感のあるダークブラウン。経年変化が楽しみな素材。
トウスチールを装着して早速履き下ろす予定です。

スポンサーリンク

Tricker'sのBOURTONを購入…しておりました

ブログには書いていなかったんですが、
Tricker'sのBOURTONを数か月前に購入していました笑
Tricker'sの定番ともいえるカントリーテイスト溢れるフルブローグシューズ。

ネットでマイサイズの新品がお安く転がっており、
気付いたら購入…という革靴好きあるあるですかね。

DSCF8591_convert_20201031114057.jpg

DSCF8594_convert_20201031114110.jpg
ソールはダイナイトソールなので雨の日も気にせず履いています。

カラーはマロンアンティーク。
バートンの茶系はエイジングが早いと聞いていましたが、確かに。
履いて数か月で大分変化してきた気がします。
新品時の写真が無いのでなんとなくの感覚ですがw

DSCF8599_convert_20201031115416.jpg
というわけでまた新たに我が家の靴が増えましたというお話でした。

スポンサーリンク

購入して5年。メイカーズのコードバンVチップ

DSCF8585_convert_20201025115457.jpg
なんとなく持て余した時間を使って磨いていたこちらのメイカーズ、コードバンVチップ。
アッパーはホーウィンのシェルコードバン、カラーはレアカラーとされるNo.4。
購入して早くも5年が経過しています。

すでにこのブログを書き始めていた時期で、
ブログ記事にもしていました…
当時の姿と見比べてみるといろいろ感慨深いものがありますねえ。
Makers Vチップ #4コードバン BLUCHER 買いました


DSCF8586_convert_20201025115512.jpg
雨の日にも履いたり、
割と良く履いている靴なのですがこれといったダメージも無く。

デザイン・カラーともにカジュアルファッションによく合います。
今や私の定番靴になっています。

DSCF8579_convert_20201025115527.jpg
今後も長い付き合いになりそうな靴です。

スポンサーリンク

メイカーズのコードバンVチップを丸洗い

メイカーズのコードバンVチップを丸洗いしてみました。
この靴を購入して約5年目にして初の丸洗い。

本当はもっと早くにすればよかったんでしょうけど、
この靴、素材がコードバン。

丸洗い失敗したら嫌だなあとか、
全体的に艶が無くなって曇っちゃうと嫌だなあとかうだうだ考えながら月日が経過しておりました。
流石にそろそろ洗ったほうがいいだろうと思い立ち、ようやく実行した次第です。

私の革靴洗いの手順は下記。
あくまでも我流なので真似するときは自己責任でお願いしますね(笑)
  1. 靴ひもを外し、全体のほこりをブラッシングで落としたのちに40℃前後のぬるま湯に約30分漬け置き。
  2. 靴を取り出し、おしゃれ着用洗剤のエマールで優しく洗う。
  3. 靴に残った洗剤を洗い流したのち、水に再び約30分ほど漬け置き。
  4. 水の中でよくすすいだのち靴を取り出し、全体の水分をよくふき取り靴の中に水分取りのためキッチンペーパーを詰め、日陰干し(約半日)
  5. アッパーが乾ききる前に一旦デリケートクリームを塗りこみ、再び完全に乾ききるまで日陰干し。
  6. 乳化クリームをしっかり塗りこみ、完成。

熱々の熱湯に革靴を放り込むと、
接着剤で接着されている部分が剥がれたりという報告をネット上でも散見するため私は40℃ほどのぬるま湯にしています。
また、丸洗い後のアッパーは油分が抜けきっているため、
そのままの状態で完全に乾ききってしまうとひび割れそうな気がするので私は完全に乾ききる前に
一度デリケートクリームを入れるようにしています。
とりあえずこの方法だと今まで大きな失敗はしていないのでこれでいいかなあという感じ。
エマールはどうなんだという気もしますが(笑)、過去エマールで洗ってきた革靴たちもいまだに元気なので
多分大丈夫なんだと思います。

で、完成した画像がこちら。
いつものうっかりで丸洗い前の写真を撮り忘れたため、丸洗い後の写真のみとなります。

DSCF8238_convert_20200810161417.jpg

DSCF8245_convert_20200810161304.jpg

DSCF8246_convert_20200810161230.jpg

DSCF8243_convert_20200810161329.jpg

DSCF8252_convert_20200810161154.jpg

まあ、一応は見られる程度の仕上がりですね。。。失敗しなくてよかった。
ちなみに今回の丸洗いは晴天に恵まれ1.5日程度ですべての工程が完了しました。
やはり夏は革靴が乾くのも早いです。

スポンサーリンク

メイカーズのVチップコードバン ダークコニャックを購入

メイカーズのVチップコードバンを購入・・・!(`・ω・´)
メイカーズのVチップは二足目です(汗
実際に買ったのはこの記事を書いた数か月前なんですが・・・
それにしても、どんだけ靴買うんだ笑

しかしこの靴のフォルム、
シェルコードバンの艶を見ていると靴買いすぎの罪悪感も吹き飛ぶというモノ。

DSCF7805_convert_20200712225040.jpg
あるようであまりない、7アイレットのVチップ。
ドレッシー過ぎず、かといってワーク過ぎず。
ドレスとワークのちょうど中間ぐらいのフォルム感なのでファッションにも取り込みやすいです。

アッパーはメイカーズでの定番の素材となったホーウィンシェルコードバン。
カラーはダークコニャック。

DSCF7818_convert_20200712225232.jpg
コバの目付が嬉しい。

DSCF7809_convert_20200712225517.jpg
メイカーズのロゴ。
ライニングはファブリック。

DSCF7807_convert_20200712225412.jpg
コードバンなので価格は当然ながら10万円越えなんですが、
そこは気にせずガシガシ履いてエイジングを楽しみたいところ。

ダークコニャックカラーは色が濃い目なので、
ここは色付きクリームは使わずに無色のクリームを使って手入れをしつつ、
色ぬけを楽しむのもいいかも・・・と色々考えています。

スポンサーリンク

MakersのPLANE SHOES 購入して三年と八ヵ月

MakersのPLANE SHOES(#4コードバン)を購入

この記事を書いたのが、三年と八ヵ月ほど前。
その後、この靴はどうなったかというと…

DSCF8047_convert_20200315150401.jpg


DSCF8029_convert_20200315150608.jpg


DSCF8037_convert_20200315150551.jpg


DSCF8039_convert_20200315150522.jpg

No4コードバン、イイ感じに育っております♪
新品に比べ皺の部分は色が濃くなり、反面つま先などはやや色ぬけしてきているようで色の濃淡が出てきました。
この色の濃淡のおかげで革の表情に立体感が出てきたような気がします。
まだまだ表情の変化が楽しめそうなこの靴。
末永く履いていきたいものです。

スポンサーリンク

MakersのREGINAを手入れ

去年の春過ぎに購入した、Makersのプレーントゥ。
モデル名はREGINA。
かなり登板回数が多く、ガンガン履いています。
ついついブラッシングのみで済ませていましたが、
久々にクリームを入れてフルメンテしました。

DSCF8004_convert_20200315141556.jpg
アッパーはベビーカーフ。
手触りは非常に柔らか。履き心地も軽いです。スニーカー感覚。
履き心地の軽快さは本物のスニーカーには当然劣るわけですがw

DSCF8007_convert_20200315141647.jpg
インソールにもうっすらデリケートクリームを塗っておきました。
綺麗な飴色にエイジングしてくれたらいいんですけど。

DSCF8010_convert_20200315141710.jpg
コバ周り。
ガンガン履いて足先をぶつけてしまうことが多いのでへこみや小傷が多いです。

手入れを済ますと靴がまた生き生きとしてきた気がします。
これでまた履ける…と思いつつ下駄箱にそっと収納しました。

スポンサーリンク