fc2ブログ

革靴・革小物好きサラリーマンのブログ

30代男性サラリーマン。 いつの間にやら革靴や革小物の魅力に取りつかれていました。 革靴の他にも色々と趣味の話題も。

SHETLANDFOXのパターンオーダーに挑戦

久々に靴を購入。
今回はシェットランドフォックスのパターンオーダーに挑戦してみました。
以前からオーダーしようかと考えていたものの、
予算やタイミングが合わず…この度ようやくオーダーした次第です。

DSCF9437_convert_20211012130058.jpg
オーダーしたモデルはハンプトン。
細身のモデルが多いシェットランドフォックスですが、
こちらは適度にラウンドしたゆったり目のフォルム。
カジュアル用途に使いたいためこのモデルを選択。

そして私のお目当ては…コレ。
アッパーの国産手もみ革。
職人さんが手作業で四方から揉みを入れてこのシボ感を作り出しているらしいです。
数年前からコレを使用した靴をオーダーしたかったんですがようやく実現しました。
カラーはブラウンだったかな?赤みが強めです。
DSCF9420_convert_20211012130012.jpg

オーダー時に革のサンプルを見た段階で「いいな!」と思ったものですが、
靴になって出来上がったものを見るとさらに「すごくいいな!」と感動(笑)
この細かいシボ感が大いに気に入りました。
あるようで中々無いですよね、こういう革。
DSCF9436_convert_20211012130046.jpg

踵周りにも飾り穴が付いています。
DSCF9439_convert_20211012130113.jpg

正直、欧州靴に負けていない存在感かなと。
早速履き下ろしたんですが、履き心地はとても良く。
つま先は適度に余裕があり、ヒールカップは小さめで踵をしっかりホールドしてくれます。
この辺は流石に日本人の足を良く知っているリーガル…といったところでしょうか。
足なじみも良いです。

やっぱりリーガル、クオリティ高いし良いよなあ…と思います。
リーガルは私が革靴にハマり始めた初期からいろいろ履いているメーカーさんなので、
色々思い入れがあります。
昨今はコロナ渦による生活スタイルの変化、
靴の需要減退に苦戦しているようですが…
好きなメーカーなので少しでも買って応援!となればな、と思います。

というかこの手もみ革が非常に気に入ったので、
色とモデルを変えてもう一足欲しいなと早速思っている次第です(笑)
DSCF9422_convert_20211012130029.jpg

60sFlorsheim kenmoor 磨いてみた

フローシャイムのケンムールを磨いてみました。
60年代ものでサイズ7.5D。
今となっては希少種…

DSCF9353_convert_20210927215634.jpg


DSCF9356_convert_20210927215645.jpg
最近はシボ革にハマっていまして、
このケンムールもじわじわ登板回数が増えています。
老体なのでそう酷使はできないのですが…
このケンムールのアッパーのような自然(?)なシボ感を持つ革を使った靴を国内外モノ問わず
現行もので探しているんですが、本当に見つからない。

今のところ目についたのが、
エドワードグリーンのユタカーフを使用したモデルぐらい…
うーん…と悩み中。

話は変わり、ここ最近思うんですがビンテージシューズブームも一時期よりかは
大分落ち着いてきた感がありますね~
オークションでの価格や出回る量を見るに。

更に状態のいい品がホントに出てこなくなりましたね…
特にデッドストックとか。
本当に資源が枯渇してきたんでしょうな(-_-;)
本当に好きな人はすでに手元にある程度確保しているんでしょうが(笑)

「ビン靴」という一定のジャンルとしては確立されつつその市場規模はごく限定的。
今後はネット上でコレクターの放出品がコレクター間で細々と売買されるような、
状態に落ち着くのかな?と思ったりしています。

とりあえずは自分の手元にある靴は大事に履いていかんとな~と考えています。

MakersのREGINAを磨いた

MakersのREGINAを磨いてみました。
購入して二年少々経ちます。
大分履き込んでいる感が出てきました…

DSCF9328_convert_20210919120606.jpg

DSCF9329_convert_20210919120637.jpg

DSCF9335_convert_20210919120659.jpg

DSCF9331_convert_20210919120648.jpg

こちらのREGINAですが、
アッパーの革が薄く繊細なので(確かベビーカーフだった)
もう少しペースを落として履いたほうが良かったかもwと思っています。
履き心地が良いのでガンガン履いていたわけですが…

あちらこちらに履き込みによる消耗は出つつあるものの、
特に致命的な問題は無く。
今後は少し履くペースを落として気長に履いていきたいなあと磨きながら思ったのでした。

Tricker's Robert間もなく購入後丸七年・・・

Tricker'sのRobertを磨いてみました。
購入したのが2014年の12月。
正直、いつ買ったのか忘れていましたが、
このブログに書いていたのを見て思い出したという…

DSCF9247_convert_20210826151106.jpg
変化としては、全体的に色抜けした気がする。(写真では分かりにくいですが)
そしてコバ周りはコバはナチュラル仕上げだったものの色がだいぶん変わった…
おそらくこれはアッパーのクリームが色移りしたり、
汚れやらで徐々に色が濃くなったのだろうかと思っています。
購入後、1年少々経過した写真と見比べてみると特にコバ周りの変化が顕著w
P1070173(1).jpg



DSCF9246_convert_20210826151056.jpg
また、アッパーのつま先周りに銀浮きが発生するようになってしまいました。
特に水にぬれた際に顕著。
丸洗いしたりで治りはするのですが、すぐに再発します。
これはもう諦めて銀浮きとともに歩むしかありません><

DSCF9235_convert_20210826151045.jpg
そんなわけで七年経つもまだまだ元気なこの靴でした…

栃木レザーのキーケース 近況報告(購入後約3年)

キーケースを買うならもちろんエイジングを楽しめる、革製が良い。
そんな理由で栃木レザー使用のキーケースを買い、早三年が経過しました。

購入時の記事
栃木レザー使用のキーケースを購入

現在も使用を続けており、
とりあえず現在の状況をブログにアップしてみます。

DSC_0514_convert_20210814124441.jpg
DSC_0516_convert_20210814124430.jpg

購入時の記事と見比べてみると、
色は全体的に濃くなった印象。
そして使用に伴い細かい皺が増え、小傷もちらほら。
扱いは結構ラフで、クリームを使った記憶はほぼ皆無(笑)、
乾拭きメインの手入れ。

大雨の日に水たまりに落としてしまったり、
また別の日には手から滑り落した瞬間にうっかり踏んづけてしまったりと
色々記憶が思い出されます…

そんな具合ですがいい感じにエイジングは進み、
革自体は至って元気。
これからもガシガシ使っていきたいキーケースです。





購入して6年…なメイカーズのコードバンVチップ

メイカーズのコードバンVチップを購入して5年目が経ちました!
という記事を書いたのがつい最近だったような気がしてたんですが、
すでに8ヵ月近く前の話なんですよね…

という事でメイカーズのコードバンVチップ、
カラーはNo.4なんですがすでに購入6年目に突入しております。
現状はこんな感じです。
DSCF9222_convert_20210807211644.jpg

DSCF9216_convert_20210807211707.jpg

DSCF9215_convert_20210807211729.jpg

撮影した環境にもよるんでしょうけど、
年々色が濃くなっているような?
私としては年々色抜けして色が薄くなっていくのかな~と勝手に思っていたんですが。
まあ色付きクリームを使っているから、という事もあるんでしょうね。
使用しているクリームはコロンブスのブートブラックシリーズ。

無色のクリームを使用して色抜け(するのか?)を楽しむ…
という選択肢もあったんでしょうけどこれはこれでアリですね。

カビ防止の革靴保管に薄葉紙を活用

気温も湿度も高い夏場は革靴好きにとってはしんどい季節。
革靴を履くにも、そして保管するにも…

履くことに関してはもう慣れたものですが(笑)、
保管に関しては私もまだまだ試行錯誤中。
どうすればカビを生やさず革靴を保管しておけるか…
日々頭を悩ませています。
最近活用しているのは薄葉紙。

新品の革靴なんかを買うとサラサラしている薄い紙に包まれていますよね。あれの事です。
最近まで「アレ」の名前が分からずネットで調べてまわっていましたw
ネットでも普通に売ってます。

やることは至ってシンプルで、履く頻度の少ない靴は汚れを取ってから薄葉紙に包み、
靴箱に入れておくという保管方法。
新品靴の保管方法と同じという事ですねw

DSCF9195_convert_20210731142909.jpg

DSCF9193_convert_20210731142951.jpg

DSCF9192_convert_20210731143016.jpg

新品で買った靴は元箱とくるまれている薄葉紙をそのまま使えば良いわけですが、
中古で購入した靴はそうはいかないのでネットで新たに薄葉紙を手に入れる必要があります。
まあそこまで高いものではないし、
そこをケチってお気に入りの靴にカビを生やして泣くのも嫌なので使用しているわけです。

ちなみに薄葉紙+箱保管している靴は今のところカビ発生はゼロ。
箱に入れているのでカビのもとになる埃はガードできますし、
薄葉紙が多少の吸湿効果を発揮して?
これまたカビの原因、湿気を緩和してくれているのかな?と思っていますw
これからも薄葉紙には世話になりそうです…

Tricker'sのDANIELを購入

購入、というより購入していたというのが正しいのですが…
オークションでふと見かけてマイサイズだったので即決で購入。
Tricker'sでモデル名はDANIEL。

DSCF8560_convert_20210429150024.jpg


Tricker'sのプレーントゥで定番モデルといえば他にWOODSTOCKなんかがありますが、
それとはまたデザインが少々違いますね。

DSCF8561_convert_20210429150047.jpg
購入前は全く気にしていなかった、というか気が付かなかったんですが
えらくアッパーの革質が良い。非常にきめ細やかな手触り。
履き下ろした後の皺の入り方もくしゃっとならずに柔らかな皺が入っていたので、
ベビーカーフとかなのかもしれないですね。知らんけど。
ハードにガシガシ履こうかと思ってたんですが、
繊細そうなアッパーなので取り扱いに少し注意したほうが良さそうw

DSCF8563_convert_20210429150109.jpg
トリッカーズの製造年代判定にはライニングに表記されている6桁の数字を見るのが基本。
これは81万番台なので・・・現行の95万番に比べると少し年代が古いモデル。
80万番台は90年代初頭あたりみたいですね。ネットで調べた限りは。

DSCF8564_convert_20210429150132.jpg
ソックシートには「StJamesCOLLECTION」の文字。
現行では生産されていないコレクションみたいですね~
トリッカーズの中ではどういう位置付けのコレクションシリーズだったのか気になりますが…

DSCF8568_convert_20210429150201.jpg
アッパーの革は光にあててみると分かりますが、
ムラ感のあるダークブラウン。経年変化が楽しみな素材。
トウスチールを装着して早速履き下ろす予定です。