革靴・革小物好きサラリーマンのブログ

30代男性サラリーマン。 いつの間にやら革靴や革小物の魅力に取りつかれていました。 革靴の他にも色々と趣味の話題も。

コードバンプレーントゥの背後に傷が付く

DSCF6234(1).jpg
メイカーズのコードバンプレーンシューズ。
後ろにガッツリめの傷が付いてしまいました(笑)

外出中、建物の段差にガツリと衝突。
良くある話ですな…

中央付近に削れと、その少し上。
横一線にうっすらと擦れ傷。
悩んでも仕方が無い、革靴には良くある事サ…
とりあえず処置してみました。

DSCF6236(1).jpg

ステインリムーバーを布に取り、周囲をサッと拭って汚れ取り。
そのあとコードバン用乳化クリームを塗り込み。
ブラッシングと空拭き。
通常通りの手入れパターン。

…うーん、流石に削れ傷は綺麗に消えないですね。
でもこの程度の傷でいちいち修理に出すのも面倒。
このまま履き続けることとします。
傷の場所も目立たない部分ですからね。

細かい事にくよくよせず、
鷹揚に構えるのが革靴好きを長く続けるコツです(笑)

スポンサーリンク

REGALのロングウイングチップ履きおろし前の手入れ

先日購入した、
REGALのロングウイングチップ。

DSCF6217(1).jpg


※購入した時の記事
REGAL(日本製靴製)のウイングチップを購入

早速、履きおろしの為の手入れをしました。
グリセリン保湿の後、マスタングペーストを良く塗り込みしばし放置。
その後に入念にブラッシング&空拭き。

パッと見はよく分からなかったんですがそれなりに乾燥していたようです。
クリームを良く吸い込みましたw
マスタングペーストのおかげで革に柔軟性も取り戻された感があります。

DSCF6226(1).jpg


DSCF6216(1).jpg
それにしても質感の良い革!
と言うのが素直な感想。

DSCF6221(1).jpg
ソールにはコロンブスブートブラック、レザーソールコンディショナーを。
ちなみ底のシールを剥がすのは失敗(笑)

ソールの底材も美しい!
履くのがもったいない…

正直、手入れしている時に迷いました。
履きおろしていい物か?と。
今や貴重な日本製靴時代の靴だしなあ…と。

でも、この靴を買ったそもそも動機は、
手軽に日常使い出来そうなロングウイングをゲットしよう!でした。
それで買ったのがこの靴。

だったら履かねば。
履いて手入れして、長く愛用してこその靴!
初心に立ち返り、エイヤで履きおろしをする予定です。


スポンサーリンク

オリーチェのワンショルダーバッグを手入れ

DSCF6206(1).jpg
オリーチェのワンショルダーバッグ。
マスタングペーストで手入れしてみました。
マスタングペーストを手に取り、
ゆっくりとすり込み、その後入念に空拭き…

DSCF6207(1).jpg
いかにも革と言う皺、色艶、そしてムラ!良いですね。
エイジングが進んできました!

それほど高級品という訳でもないので、
日常的に気負わずに使えるのも良いところ。

残念なのはこのバッグ、
Amazonはじめネット通販では現在取り扱いしている店舗が
ほぼ皆無…という点でしょうか。

スポンサーリンク

春日和。コードバン日和

DSCF6191(1).jpg
メイカーズのコードバンVチップを履いて外出。
春日和…というよりほぼ夏のような暑い日和でしたが。

この先じわじわと蒸し暑くなっていくわけですが、
革靴好きには辛い季節になりますねw

DSCF6195(1).jpg
この靴も購入して早二年半…
初めてのコードバン靴、初めてのNo.4コードバンと
初物づくしの記念すべき一足ですが、
いい具合にエイジングしてきました!

スポンサーリンク

REGAL(日本製靴製)のウイングチップを購入

再び靴を買ってしまいました(笑)
今回はリーガルのウイングチップ。

DSCF6136(1).jpg


DSCF6105(1).jpg
おっ!リーガルの旧ロゴ!ダークブラウンのウイングチップとは良いな。
しかも安いやんけ!という事で深く考えずに即決買い(笑)
というかインソールの革質も何気に良い。

DSCF6109(1).jpg
で、到着後よくよく商品を観察してみると…このシール!

この製品は、米国ブラウン社との技術提携により、
日本製靴株式会社で製造しました。


なんとこの商品、日本製靴製のお品じゃありませんか!

日本製靴とは現在のリーガルコーポレーションが1990年に米国ブラウン社より
「リーガル」の商標権を取得して社名変更する前の旧社名。
という事はこの商品は少なくとも1990年以前に製造された商品となります…


DSCF6112(1).jpg
品番は、2325。
現在、リーガルの定番で知られるウイングチップ「2235」の近縁でしょうか?

現在でもリーガルで「2325」でのラインアップは存在しますが、
これは雪道対応ソールのウイングチップとなっており、
私が買ったモノとは全く別物でしょうねw

DSCF6114(1).jpg
2235と比べ、ややスクエア気味のつま先。
更にストームウェルトにピンキングされているのが違いですかね。

DSCF6120(1).jpg
パッとみスムースレザーに見えますが、グレインレザー。
革質は良さそうです。
触ってみると弾力有り、ふっくらしています。

多分日本が好景気の時期に作られたから、
良い素材が使われていたのかな?などと妄想。
これは育てがいがありそうです!

ジャパニーズビンテージってとこでしょうか。
ビンテージシューズと言えばアメリカだのイギリスだのと思ってしましたが、
日本も良いね!と再認識した次第です。

スポンサーリンク

茶靴二足をまとめて手入れ

Holland Racineのプレーントゥと…
Florsheim Royal Imperial Concord。

DSCF6084(1).jpg

茶色靴を二足同時手入れ。
週末は天気が悪く外出することも無かったので、
靴の手入れ日和でした(笑)

最近は靴の数も徐々に増えつつあり(笑)
手入れの際もなるべく省力化するようにしています。
今日は茶靴を集中して手入れしよう…という感じで色別に攻めていけば、
用意する道具も少なくて済み、多少手間は減りますから。

というか靴の数を減らしなさいよ!
という気もしますがね(笑)

スポンサーリンク

シューレースまとめ買い

シューレースを4本まとめ買いしました。

DSCF6083(1).jpg


今まではコロンブスのロービキシューレースを使用していたわけですが、
先端のシューレースパイプがやたらスポスポ抜ける!
この間もパイプ部分を持って軽く引っ張っただけであっさり抜けてしまう始末…
交換したの、つい最近なのに(´・ω・`)

これはイカンと少々違うメーカーの物を買ってみることに。
今回はJEWELのシューレース。
JEWELも創業から90年近い老舗のシューケアグッズメーカー。
今度は長持ちしてくれよ~と願いましょうか…

スポンサーリンク

返ってきたバーミンガム

SHETLANDFOXのバーミンガムをトップリフト交換に出して早1ヶ月。

※その時書いた記事
SHETLANDFOXバーミンガムの里帰り?

綺麗な姿になって帰ってきました。

DSCF6069(1).jpg
まあ何だかんだで純正ヒールにして良かったですね。
SHETLANDFOXの文字。良いですね。

DSCF6074(1).jpg
コバもインクで補色され、磨いてもらったようです。

DSCF6078(1).jpg
結果は大満足。
さあ、また履きますか…

スポンサーリンク