革靴趣味を一生ものにする

一生ものの革靴。

という言葉をよく見かけます。
大抵、その対象商品はジョン・ロブだとかエドワード・グリーンだとか・・・
挙げていけばキリが有りませんが、大抵は有名高級ブランド。

価格も高額であり、
そうホイホイと手に入れられる物ではありません。

私のような大した安月給のサラリーマンには
そうおいそれと手に入れられる代物ではありません。

ならいっその事、超高額の一生ものの靴を
手に入れることはあきらめる。

一生ものでなくていい。
そこそこの品質の靴をそれでも大事に、
手入れし続けて可能な限り履き続ける・・・

革靴という”モノ”にこだわるのでなく、
革靴を愛し、大事にしていくという”コト”にこだわる。
こうすれば特に余分な金もかからず一生ものにできるよなあと思う今日この頃です。

それに、高額=一生もの と決まっている訳ではありませんからね。
価格そこそこで作りがしっかりしている靴もいくらでもある。
そういった靴を発掘していくのも一つの革靴の楽しみ方なんだと思います。

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ