FC2ブログ

グッドイヤー・ウエルト製法って?正直良くわかっていないからまとめておく

今私が履いている靴のほとんどがグッドイヤー・ウエルト製法で作られているもの。
グッドイヤー・ウエルトの靴ばかり履いているくせに、グッドイヤー・ウエルト製法って何?
と他人から聞かれたら答えられる自信がありません。

せいぜい、普通の靴より手が込んだ作りで、靴底を張り替えて修理が可能!
という程度の説明しかできません。

自分のおさらいのために、まとめておきます。
とは言うものの、ただの引用なんですけれど。
この製法は、甲革や裏革等、
甲の部品を縫い合わせて出来上がった「アッパー」と、
「底」をジョイントする方法に最大の特徴があります。

中底につけられた
「リブ」と「アッパー」をすくい縫いした後、
「中物」と「シャンク(靴の背骨となる心材)」を詰めてから、
「表底」と「細革」を出し縫いします。


他の製法にはない「リブ」と「細革」が、
この製法ならではの履き心地の良さの秘密です。

また、中物をタップリと入れられるために、
長時間歩いても疲れにくいという長所があります。

履きはじめは堅い印象ですが、
履いているうちに足裏の形をなぞるように中物が変形し、フィット感が高まります。

さらに修理が可能であることも見逃せない特徴です。

完成された製靴法~グッドイヤー・ウエルト製法~
リーガルコーポレーションHPより
リーガルのHPはこの手の靴情報が充実していますね。
今後も有り難く活用させて頂きます。


スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ