もうそろそろ、つま先補修の時期かな?

革靴のつま先を補修するタイミングと言えば、
基本的には靴底の削れが下から二番の層に届く少し手前のタイミングとされています。
二番目の層にまで削れが届いていても修理自体は可能なんですけどね。
修理代が余計にかかってしまいます。

まあ頭ではわかっている話なんですけどね。
だからと言って、この二層目手前までつま先が削れた一足だけを
わざわざ修理に持っていくのも面倒だしなあ…
ええい、もう少し履いてしまえ!

もしくは、他の靴を集中的に履いてつま先を削って(笑)、
何足か同時に修理に持って行けるように調整(笑)するか!?
などと革靴のつま先の削れ具合とにらめっこしています。

P1090299(1).jpg

P1090296(1).jpg

今のところの修理行き候補はこの二足…
うーん…もう少し履けるかな?

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ