1960's Florsheim kenmoor(1968年製フローシャイム ケンムール)を購入

もうしばらく革靴を購入するのはやめておこう・・・
そう決めたはずだったのに。

また、買ってしまいました。
今回購入したのは1968年製と思われるFlorsheim Imperial kenmoor。

すでにkenmoorは持っていますが・・・(過去の購入記事
製造年が違うから正確に言うと同じではないのでセーフでしょうw


P1060861(1).jpg

P1060871(1).jpg
外側まで張り出したVクリート。

P1060872(1).jpg

P1060873(1).jpg


1960年代製のケンムール・・・というかアメリカ靴全般にいえることとして、
1970年代前半~中盤以降のものより1960年代前後のモノの方が出来が一段上だという。
一段上というより1970年前後を境にアメリカ靴の品質が徐々に低下していった・・・といったほうが良いのか。

一番の理由はアメリカ経済の停滞・スタグフレーションであろう。
景気悪化の波が靴メーカーの経営に影響を与え、
コストダウン、品質低下を受け入れざるを得なかったのだろうと。
重厚な革靴が流行らなくなり、お手軽なスニーカーへ・・・という流行の変化もあったり。
などなどと、1960年代製の靴は良い!とネット上の知識では何となく把握しておりましたが、
いざ現物を手に取ってみると・・・

お、おう・・・これは素晴らしい

何が違うってまず革の手触りが違う。
すでに所有している1980年製のケンムールに比べ、
革が非常に柔らかく、弾力がある。かつ見た目の厚みも分厚い。
細部のディティールにも妙に立体感がある。

分かりやすく比較写真。
上が1968年製ケンムール。
下が1980年製ケンムール。

P1060876(1).jpg
P1060877(1).jpg

上が1968年製ケンムール。
下が1980年製ケンムール。

P1060878(1).jpg
P1060880(1).jpg

パーフォレーション部に注目していただくとわかりますが、
1980年製はのっぺりしているのに比べ、1968年製はボコンと凹凸があり立体的に見える。
どうやって縫ってるんだろうこれ。
さらに1968年製の異常に細かいステッチワークも目を引きます。
ここまでしなくてもw

P1060881(1).jpg
左が1968年製ケンムール。
右が1980年製ケンムール。


誤解なきよう言っておきますが、1980年製も文句なしに良い靴ですよ!
1960年代製はそれ以上に良いという話です。
それにしても、良いなあケンムール。大事に履いていきましょう。

スポンサーリンク

tag : Florsheim Imperial kenmoor フローシャイム 1960年製 ケンムール

2016-05-29 10:47 : Florsheim フローシャイム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ステッチのほつれをライターであぶって補修

Royalsのコードバンロングウイングチップにステッチの切れ、ほつれが発生。


P1060853(1).jpg
画面中央、羽根の付け根の下です。

靴修理屋さんに持ち込み、修理方法を相談。
ステッチを再度縫い直すか、糸の先端をライターで軽く炙って溶かし、
これ以上のほつれの広がりを防ぐか。

とりあえず私は後者を選びました。
ちゃんと履けるようになれば問題なしです。
よほどじっと見ない限り見た目の違いも分からないでしょう。
というわけで修理後の写真。









P1060859(1).jpg
修理後の写真。


ほつれて飛び出ていたステッチの先端がライターの火によって溶けて縮まり、
しっかりと固定されています。
これでまたガシガシ履けますね。

ライターであぶってステッチ補修という発想はなかった。
次に手持ちの靴でステッチ切れが発生したら自分で試してみようw

スポンサーリンク

tag : ステッチ切れ ステッチほつれ 靴修理

2016-05-28 20:20 : 靴修理 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

愛着がわいてくると、革靴の値段とかブランドとかどうでも良くなってくる

革靴に愛着が沸いてくると、
もはや値段とかブランドとかどうでも良くなってきますよね。

例えば、私が普段使いしているBerwick(バーウィック) ストレートチップ
この靴には愛着がかなり有ります。

普段の仕事でも良く履いている心強い相棒。
週一~二回ペース。
雨風吹きすさぶ日もよく履きます。

もちろん仕事だけではありません。

友人の結婚式という晴れの舞台に履いていきました。
もちろんピカピカに磨いて。

時には悲しい別れの場面もありました。
実家の祖父が亡くなって、葬式に駆け付けた時もこの靴履いてたっけ。

買ってから約二年半。
この靴と共にいろいろな出会いや別れを経験してきました。

別に高級、高品質な靴ではないけれど。
まめに手入れを続けて、苦楽を共にしてきた私の靴。
もはや、私の思いや情がこの靴に乗り移っておりますw

ここまでくると、靴の値段やブランドなんて、どうでも良くなってきますね。


スポンサーリンク

tag : 革靴好き Berwick 情が移る ブランド

2016-05-24 23:25 : 雑談 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

スポンサーリンク

プロフィール

ぐれいん

Author:ぐれいん
30歳男性サラリーマン

約4年ほど前から革靴を履き、
手入れしながら育てていく楽しみに目覚めました。

各種ブログランキング参加中
にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村

Amazon

検索フォーム

今まで撮影した写真など

アクセスカウンター

タグクラウド