Berwickパンチドキャップトウを磨いてみた

DSCF5976(1).jpg
Berwickパンチドキャップトウを磨いてみました。
突発的な雨や雪に何度か晒されたためw

DSCF5971(1).jpg
ポールジョイント周りの履き皺がクリームで黒ずんできたわけですが。
まあ使い込んだ感でてきたなあと。

ちなみにクラックがバシバシ入り始めていますw
履き始めてもう四年以上経つから仕方ないんでしょうか。
そこまで高価で上質な革を使っている靴じゃないですからね…

DSCF5972(1).jpg
雨染み、雪染みが付いてしまいました(´・ω・`)
多分これは丸洗いでもしないと取れないかと…
つい最近丸洗いしたばかりなのにw
このまま履くしかないですね。遠くから見れば分かりません。

スポンサーリンク

tag : Berwick

2018-02-18 11:44 : Berwick バーウィック : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Florsheim Royal Imperial Concordを購入…してしまった

今年は靴の数を減らすぞ!と意気込んでいたものの、
ついつい新たに靴を購入してしまいました(´・ω・`)
コイツです。

Florsheim Royal Imperial Concord…
DSCF5772(2).jpg

ビンテージシューズマニアならご存じ、
米靴メーカーFlorsheimが
1967年に創立75周年を記念して発売したといわれるモデル…

創立記念モデルというシンボリックさと希少感。
精緻な作り込みに素晴らしい革質など、
何かと話題になるモデルです。

DSCF5776(1).jpg
そのビンテージオーラに魅せられ、
気付いたら購入していたわけで…

DSCF5774(1).jpg

DSCF5780(1).jpg
ネット上で画像は見たことがあるものの、
実物を手にしたのは初めて。
それにしてもいやはや素晴らしい出来の靴でございます…

DSCF5795(1).jpg

DSCF5783(1).jpg
それにしても革が分厚い。
ピンキング面がずぎゅーんとそそり立っている!

DSCF5781(1).jpg
結構履き込まれた感があるものの、
私にとってはこれぐらいの方が都合良し。
何せ躊躇なく日常使いできるから。

これがデッドストックとかだったら、
恐れ多くて履くことが出来ないでしょうw

サイズに関してですが、
サイズ表記が消えてしまっているので断言はできないものの、
7D~7.5Cあたりじゃないか?と思われます。
希少サイズかつ私にとってのジャストサイズ…
早速のお宝ゲットで2018年幸先のいいスタート。
またまたビンテージシューズの魅力にハマってしまいそう。

イカン、靴の数、減らさなければ…
今年も心の中の葛藤が続きそうですw

スポンサーリンク

tag : Florsheim

2018-02-11 12:20 : Florsheim フローシャイム : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

エイジングは期待できないけれど

DSCF5908(2).jpg
Simpson's 外羽根ストレートチップ。
アッパーは手触りや皺を見ると、加工感が強めの革。
革靴好きにはちょい敬遠されそうそうなブツ…

かく言う私自身も手元に届いた瞬間は「ありゃ…」と思ったわけですが。
(現物を見ずにネットオークションで買った)

DSCF5907(1).jpg

まあ実際に履き込んでみると悪くないわけです。
主張し過ぎないラウンド・トゥのデザインは汎用性高し。
革の色味も悪目立ちしないのでカジュアルな服装に良く合う。

何が言いたいかというと、
どんな靴にも探してみればいい点がたくさんあるんだなあと。
この靴も革がイマイチだっていう点だけで履かないのも勿体ない。
これからも機会を見つけて履いていくつもりです^^

スポンサーリンク

tag : 革靴好き 外羽根ストレートチップ

2018-01-29 00:03 : 革靴 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

スポンサーリンク

プロフィール

ぐれいん

Author:ぐれいん
30歳男性サラリーマン

約4年ほど前から革靴を履き、
手入れしながら育てていく楽しみに目覚めました。

各種ブログランキング参加中
にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村

Amazon

検索フォーム

今まで撮影した写真など

アクセスカウンター

タグクラウド