カテゴリFlorsheim フローシャイム 1/2

素晴らしき哉、Concord

Florsheim Royal Imperial Concord。早速履いて出かけてみました。いや、素晴らしい。履き心地良し。アッパーの革もソールも分厚いのでさぞ履き心地は堅いのだろうか…と心配したものの、杞憂に終わりました。履き心地は柔らかく、足にストレスは無し。それなりに履き込まれていた状態だったから、いい具合に柔らかくなっております。アッパーの履き皺、美しい。革に厚みがあるためにクシャっとならず、重厚でなだらかな皺が横に一...

  •  0
  •  0

黒のロングウイングとかおっさん臭くないっすか^^;

そんな風に考えていた時期が私にもありました。もちろんそんなことは無くて、全体のファッションコーディネートでおっさん臭く見せないようにしたり、体型を頑張ってスマートに維持したりで(笑)、いくらでも工夫の余地はある訳です。それに、私自身の年齢も30代前半なので、俺もそのうちおっさんだしなあ~と自然体です。これからも黒のロングウイングはバンバン履くつもりです。写真で履いている靴はフローシャイムのケンムールで...

  •  0
  •  0

Florsheim Royal Imperial Concordを購入…してしまった

今年は靴の数を減らすぞ!と意気込んでいたものの、ついつい新たに靴を購入してしまいました(´・ω・`)コイツです。Florsheim Royal Imperial Concord…ビンテージシューズマニアならご存じ、米靴メーカーFlorsheimが1967年に創立75周年を記念して発売したといわれるモデル…創立記念モデルというシンボリックさと希少感。精緻な作り込みに素晴らしい革質など、何かと話題になるモデルです。そのビンテージオーラに魅せられ、気付いた...

  •  2
  •  0

手書きImperialを手入れ

先日購入した手書きImperialの手入れ完了。結構カサついていたのでデリケートクリームを最初に塗り、その後グリセリン保湿、そしてマスタングペーストをうっすら塗って仕上げ。色付きクリームは使わずシンプルに。革もしっとり、弾力が戻ってもっちりしました。ビンテージオーラがスゴイ。革の質感が何と言いますか、アンティーク家具のよう。履くのが楽しみです^^...

  •  0
  •  0

手書きImperial

新たに古い靴を購入(笑)また同じ靴ばっかり買って!と怒られそうですが。Florsheim Imperial、ロングウイング。もう同じ靴持ってるでしょ!と言われたら「違うんだよ!作られた年代とか、細部のディテールとか!」と言い返そうと思う…とりあえずマイサイズ且つ、状態がなかなか良さそうなので深く考えずに買ったんですけど、調べてみるとこれがなかなか珍しいお品のようで。Florsheim Imperial、それは分かったんですけど…?手書き...

  •  2
  •  0

Florsheim kenmoorの手入れ

Florsheimのkenmoorを手入れしました。馬毛ブラシでブラッシングして埃を落とし、マスタングペーストを指で薄く塗り、クリームが馴染むまでしばし放置。その後、ブラッシングしてから空拭き。もうそれで十分なんですよね~この靴。何せ素材が良い。色付きクリームとか要らねえんじゃねえの?という気がしています。革質は ばつぐんだ!...

  •  0
  •  0

「Varsity」にクラック発生

Florsheimの「Varsity」に…クラック発生!もともとこのVarsityはクラックが入りやすいとネット上ではもっぱらの定説です。そして購入して九か月余り。(購入時の記事:Florsheimの「Varsity」を購入)履き続けるうち、とうとう私のVarsityにも(´・ω・`)履き口。これは割と履き始めたばかりに発生(笑)そして今回…アッパーに縦方向のうっすらとしたクラックが。まあ、60歳超のご高齢だから仕方ないんですけどねwとりあえずマスタン...

  •  0
  •  0

kenmoor(黒)手入れ実行

前回の記事、思わぬ拾い物…(1960's Florsheim kenmoor)で購入したこの靴。早速履きおろし(?)前のケアを実行しました。まずはデリケートクリームを表面とライニング部に全面的に薄く塗布。その後しばらく置いた後に、いわゆるグリセリン保湿…そして靴が乾いたのを待ち、乳化クリームを全体に塗布。グリセリン保湿をする前にデリケートクリームを塗ったのはグリセリン保湿したら革がバリバリにひび割れた!という悲劇が発生するリス...

  •  0
  •  0