手書きImperialを手入れ

DSCF5653(1).jpg
先日購入した手書きImperialの手入れ完了。
結構カサついていたのでデリケートクリームを最初に塗り、
その後グリセリン保湿、そしてマスタングペーストをうっすら塗って仕上げ。
色付きクリームは使わずシンプルに。

DSCF5634(1).jpg
革もしっとり、弾力が戻ってもっちりしました。


DSCF5645(1).jpg
ビンテージオーラがスゴイ。
革の質感が何と言いますか、アンティーク家具のよう。

DSCF5632(1).jpg
履くのが楽しみです^^

スポンサーリンク

tag : 革靴好き フローシャイム

2017-12-09 17:41 : Florsheim フローシャイム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

手書きImperial

新たに古い靴を購入(笑)
また同じ靴ばっかり買って!と怒られそうですが。

Florsheim Imperial、ロングウイング。
もう同じ靴持ってるでしょ!と言われたら「違うんだよ!作られた年代とか、細部のディテールとか!」
と言い返そうと思う…

とりあえずマイサイズ且つ、
状態がなかなか良さそうなので深く考えずに買ったんですけど、
調べてみるとこれがなかなか珍しいお品のようで。

DSCF5617(1).jpg

DSCF5598(1).jpg
Florsheim Imperial、それは分かったんですけど…?

DSCF5600(1).jpg
手書き!サイズ表記が手書き!

何これ!と早速ググり、
ネット界隈の古靴専門ブログの皆様の英知をお借りすると…
どうやら1957~1960年頃のFlorsheim Imperialはサイズ表記が手書き。
その名も初期インペリアルなどと言われているそうで。
中々市場に出回らない珍しい逸品のようです。

DSCF5618(1).jpg
そういわれたら何だか質感も良いような気がするぞ!
アッパーも、ノーメンテの状態からちょっとブラッシングしただけでこの輝きでございます。

DSCF5603(1).jpg
ヒールもオリジナルのようです。
ヒールのくぎ打ちは一周、ソールもあのおなじみの木目調ソールではなく、単色。
ソールの色に関しては経年で退色してしまっただけかもしれませんがw

DSCF5609(1).jpg
60歳近い老体なので、とりあえずは念入りな手入れですね。
家宝にしよう(笑)

スポンサーリンク

tag : 手書きインペリアル フローシャイム

2017-11-26 13:04 : Florsheim フローシャイム : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

Florsheim kenmoorの手入れ

Florsheimのkenmoorを手入れしました。

DSCF5526(1).jpg
馬毛ブラシでブラッシングして埃を落とし、
マスタングペーストを指で薄く塗り、クリームが馴染むまでしばし放置。
その後、ブラッシングしてから空拭き。

もうそれで十分なんですよね~この靴。何せ素材が良い。
色付きクリームとか要らねえんじゃねえの?という気がしています。

DSCF5524(1).jpg
革質は ばつぐんだ!

スポンサーリンク

2017-11-05 20:30 : Florsheim フローシャイム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

スポンサーリンク

プロフィール

ぐれいん

Author:ぐれいん
30歳男性サラリーマン

約4年ほど前から革靴を履き、
手入れしながら育てていく楽しみに目覚めました。

各種ブログランキング参加中
にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村

Amazon

検索フォーム

今まで撮影した写真など

アクセスカウンター

タグクラウド