ユーザータグ革靴 1/3

飲み会シーズンにありがちな事

飲み会の翌日、昨日脱ぎっぱなしだった革靴を片づけようとしたところ、つま先にガッツリ付いた傷を見つけて落ち込む。Berwickの靴でやらかしました。飲み会の帰りにいつの間にか付いた傷。結構深いです。銀面が削れて下の白いのが出てるんですが…(笑)とりあえず色付きクリームで目立たないようにするしかないですね。それにしてもつくづく思いますが、飲み会には大事な靴、勝負靴は履いていくべきじゃないですよね。ひとたびアルコ...

  •  2
  •  0

靴修理いろいろ

手持ちの靴を何足かまとめて修理に出しました。Tricker'sのRobert。つま先の補強、そしてそして踵のトップリフト交換。Makers PLANE SHOES。こちらはつま先のみラバー補修。レザーかラバーか悩んだものの、ここは耐久性重視でラバー。最後はFlorsheimのVarsity。この機会に履き口のクラックを補強することにしました。内側から新たに革を当て、上から縫い込んでの補強…違和感のない、素晴らしい仕上げに感動。ちなみに履き口のクラ...

  •  0
  •  0

とうとう来たか…

Berwickパンチドキャップトウの手入れ完了。さて、いつものごとくドヤ記事をブログにアップしますか…とふと靴の側面を良く見たところ…クラック入ってる!とうとう来たか…というところですね…勤続約三年半。週に二度は登板し、雨の日も雪の日も履いていましたからねえ…恐らく、このまま履き続けてもオールソールするまでアッパーの方はもたないかと。他の部分も良く見ればあちこちガタが来ています。オールソールまでもたないとして...

  •  0
  •  0

まだまだ履きます、Berwick

この靴が私の手元に来てから、はや三年余り経つでしょうか。Berwickのパンチドキャップトウ。細部に傷みは見られるものの、全体的に良い状態を保っています。この靴を購入した当初、アッパーの素材にフランスの名門タンナー「デュプイ」社製ボックスカーフを使用!などという売り文句に「おおよく分からんがすごい買ってみよう」などと流されたような・・・記憶がありますw確かにデュプイはデュプイなんだろうけれど、低級グレー...

  •  0
  •  0

Makers Vチップを磨いた。コードバンの手入れめんどい・・・けど

Makers Vチップ。いや、普通にお気に入りの靴なんですけど、やっぱりコードバンの手入れってめんどくさいですよね^^;今回の手入れではM.MOWBRAY アニリンカーフクリーム(色はニュートラル)を使用して全体のケアを実行しました。[エムモゥブレィ] M.MOWBRAY アニリンカーフクリーム 2027 (ニュートラル)posted with カエレバ M.MOWBRAY(エム・モゥブレィ) Amazonで購入本当に手間のかかる・・・・・・エエ子や(゚∀゚)!確か...

  •  0
  •  0

シャア専用シャンボード

や、すいません・・・シャンボード(ルージュ)を見ていたらなんとなく「シャア専用」という単語が浮かんだもので^^;このルージュカラーのシャンボード。色見はワインカラーやボルドーに近いですね。そこまで派手さはないので日常使いでもガンガン履けます。そして隠れたポイント(?)として・・・パラブーツの緑タグと赤系色の本体を見てください。緑色+赤色の色の組み合わせ、どこかで見たことありませんか?そう、クリスマ...

  •  0
  •  0

革靴内のしっとり感が増してきた

ここ最近の気候は気温・湿度ともに徐々に上がり傾向。革靴好きにとっての魔の季節、梅雨の訪れを感じる今日この頃です。感じるんですよね。仕事帰りに革靴を脱ぎ、インソール部に触れてみると、しっとり感が日に日に増していることに。汗の量が増えているんでしょうねえ・・・これからの季節、革靴を休ませずに連投・・・否、連履きすることは自殺行為(笑)でしょう。一度はいた革靴はしっかりと休ませ、かつ内部を乾燥させるよう注...

  •  0
  •  0

日本シューケア協会とな!?

2016年4月、「足もとから幸せをつくり、社会の実現に貢献する」という理念の元、一般社団法人 日本シューケア協会が設立されたとのこと。ホームページ、早速見てみましたが面白いですね。革靴を手入れして長く履く・・・というのは日本ではまだまだ一般的ではありません。基本的に靴は履きつぶし・使い捨て、という考えの人が大多数ではないでしょうか。協会設立をきっかけにシューケア文化が日本に浸透すると良いですね。ちなみ...

  •  0
  •  0